酵素の成分ってどんなもの?どんな種類があるの?

酵素ドリンクで健康になる

酵素の成分ってどんなもの?どんな種類があるの?

酵素には大きく分けると「食物酵素」と「潜在酵素」の2つの種類があります。
まず「潜在酵素」とは体内酵素とも呼ばれています。
人間が食物を摂取すると消化と代謝を繰り返しています。
摂取したものを分解・消化する過程で必要となるのが「消化酵素」で、消化された栄養分を吸収するのに欠かせないのが「維持酵素」で、どちらも欠かすことができない成分です。

この酵素が不足すると、消化不良を起こしたり、代謝がうまくいかず体内に毒素が蓄積されてしまいます。
つまりは、私たちの体の運動はすべて酵素の働きによって正常に機能するように保たれ、健康を維持しているのです。
しかし、年齢とともに新陳代謝が遅くなります。
新陳代謝に必要不可欠なものが、「維持酵素」です。
もともと人間は、食物から得た酵素を「潜在酵素」と引き合わせることによって、人体の生命維持に欠かせない「消化酵素」と「維持酵素」を生み出しているといわれています。

また、もうひとつの酵素である「食物酵素」とは、外部から食べ物として体内に取り入れる形の酵素のことです。
対外酵素とも呼ばれています。
もともと生の野菜や果物には自分自身を消化するための酵素が含まれていて、この酵素がもっとも活発に働くのが人間の体温である36度前後だといわれています。
食物を摂取し体内に入ると酵素が活性化し、余計な体内酵素を消費する必要がなくなり、代謝活動に集中できるようになります。
わかりやすく言えば、収入と貯金のようなものでしょうか。
食物から酵素を摂取することは新たな収入を得るようなもの。
潜在酵素という貯金を崩さずに必要な新陳代謝に酵素を使うことができるというわけです。
体の中からキレイで健康になるためには、定期的に食物から酵素を取り入れることがポイントになります。